磁気刺激装置

磁気刺激装置のメーカーのホームページはこちら(http://www.magstim.com)をご覧下さい。

マグスティム200スクエア
Magstim2002

(単発/双発刺激)

マグスティム200スクエア写真
マグスティムラピッドスクエア
Magstim rapid2

(高頻度刺激)

マグスティムラピッドスクエア写真

概要


マグスティム200スクエア(Magstim2002

          

仕様

マグスティム200スクエア・単発写真 マグスティム200スクエア・バイスティム写真
機種タイプ 単発刺激 バイスティム
刺激波形 単相刺激
立上り時間:70〜100μs(※)
パルス幅:1ms
同左
刺激出力 24k〜47kTesla 同左
刺激出力
繰返し頻度
0〜49%:2秒毎
50〜79%:3秒毎
80〜100%:4秒毎
同左
双発刺激間隔 0msec〜999msec(1msecステップ)
0.0msec〜99.9msec(0.1msecステップ)
電源 定格電圧AC100V,50/60Hz 同左
電源入力 1kVA(瞬時最大2kVA) 2kVA(瞬時最大4kVA)
寸法・重量 W460×H160×D408mm
(突起部含まず)
約20.7kg
W460×H160×D408mm
(本体1台につき)
約43kg
安全性 クラスT機器,BF型装着部 同左
装置構成 メインユニット(単発)
フットスイッチ
トリガボックス
BNCケーブル
メインユニット(双発)
バイスティム接続モジュール
フットスイッチ
トリガボックス
BNCケーブル
オプション 制御用コンピュータ
コイル延長ケーブル(2m)
台車
スタンド
コイル変換アダプタ
同左
薬事承認番号 22000BZY00030000 同左
分類 クラスU管理医療機器
特定保守管理医療機器
同左
(※)刺激コイルによって数値が異なります


マグスティムラピッドスクエア(Magstim rapid2)高頻度磁気刺激装置

          

仕様

マグスティムラピッドスクエアタイプ1高頻度磁気刺激装置写真 マグスティムラピッドスクエアタイプ2高頻度磁気刺激装置写真 マグスティムラピッドスクエアタイプ3高頻度磁気刺激装置写真
機種タイプ Type1 Type2 Type3
刺激波形 バイフェイジック
立上り時間:70〜110μs(※)
パルス幅:280〜450μs(※)
同左 同左
刺激出力 15k〜30kTesla/sec(※) 同左 同左
最大
刺激周波数
30%時:50Hz
50%時:30Hz
100%時:15Hz
30%時:100Hz
50%時:50Hz
100%時:25Hz
30%時:100Hz
50%時:97Hz
100%時:41Hz
連続刺激時間 0.1〜600sec 同左 同左
電源 定格電圧AC230V,50/60Hz 同左 同左
電源入力 3kVA 6kVA 9kVA
寸法・重量 H1280×W590×D600mm
約90kg(台車含む)
H1280×W590×D600mm
約127kg(台車含む)
H1390×W820×D620mm
約185kg(台車含む)
安全性 クラスI機器,BF型装着部 同左 同左
装置構成 メインユニット
電源ユニット(シングル)
ステップアップトランス
UIコントローラ
フットスイッチ
トリガボックス
BNCケーブル
電源ケーブル
メインユニット
電源ユニット(ダブル)
ステップアップトランス×2
UIコントローラ
フットスイッチ
トリガボックス
BNCケーブル
電源ケーブル×2
メインユニット
電源ユニット(プラス1)
ステップアップトランス×3
UIコントローラ
フットスイッチ
トリガボックス
BNCケーブル
電源ケーブル×3
オプション SDカード
SDカードリーダー
筋電図アンプ
台車
同左 同左
薬事認証番号 226AIBZX00003000 同左 同左
分類 クラスU管理医療機器
特定保守管理医療機器
同左 同左
(※)刺激コイルによって数値が異なります


エアークールドコイル式 高頻度磁気刺激装置

エアークールドコイル式
マグスティムラピッドスクエア

(Type2使用例)

エアークールドの写真

概要

製造販売元:株式会社ミユキ技研